株式会社インターバディ
戻る

ET2015    


◆株式会社インターバディはET2015に出展します。

名 称 : Embedded Technology 2015/組込み総合技術展 同時開催: IoT Technology 2015/IoT総合技術展 会 期 : 2015年11月18日(水)〜20日(金)       10:00〜17:00 ※19日(木)は18:00まで 会 場 : パシフィコ横浜 ブース : EDA-LPBパビリオン D-18 ET2015 組込み総合技術展 のWebサイトへ ET2015 EDA-LPBパビリオン のWebサイトへ こちらより参加お申し込み下さい。

◆セミナー案内

  EDA-LPBパビリオン特設ステージにてセミナーを開催します。

日 時 : 2015年11月20日(金) 15:30〜15:50 会 場 : EDA-LPBパビリオン内ステージ       セミナー案内 のWebページへ タイトル:仮想検証環境の構築と課題      ソフトウェアの早期デバッグやISO26262対応のための故障注入などでニーズが高まっている      仮想検証ですが、実際に、その環境を立ち上げ有効に使いこなすことは、簡単ではありません。      マイコン周辺モジュールのSystemCモデルを開発し、仮想環境に組み込んで実行環境を構築した      経験から構築の手順や要点についてご紹介します。      また、今後の課題、進むべき方向性についても言及したいと思います。

◆展示製品



電子機器開発では、実現手段をハード/ソフトに分割後、設計まではハード・ソフトを並行して行えますが、 ソフト実装、特に検証(デバッグ)はハードが出来上がった後に行うこととなり、 ハード実装が遅れるとソフト検証の開始も遅れることになります。
しかし製品リリース時期は簡単に変更はできないため、結果としてソフト検証に充てられる期間は短くなってしまいます。 これを解消するためにハード実装を待たずにソフト検証を開始できる仮想環境での検証が求められています。
一方で、仮想検証環境においては、マイコンコアモデルはシミュレータベンダー、半導体ベンダー等により用意されていますが、 周辺モジュールまでは、整備されていないのが実情ではないでしょうか?
そこで、インターバディでは、仮想検証向け周辺モジュール(SystemC/TLM2.0準拠)モデルの整備を進めており、 既に実ユーザに導入され、仮想検証でご利用頂いている実績もあります。

SyDAP model (サイダップモデル) System Debug Assist Peripheral model
システムデバッグを支援する仮想検証向けのマイコン周辺モジュールのSystemCモデル群です。
SystemC/TLM2.0に準拠した標準的なインターフェイスなので既存の仮想検証環境にも容易に組み込むことができ、かつ機能部はC言語で実装することで高速に動作させることができます。
◆仮想検証用マイコン周辺モジュール
◆標準仕様 SystemC / TLM2.0 準拠
◆実行速度重視 LT (Loosely Timed)

◆ターゲットプログラムのデバックに専念
◆ユーザ作成モデルも組み込み検証可能
◆警告表示機能でレジスタ設定ミスも容易に発見
◆容易な故障注入でISO26262対策にも利用可能
製品紹介のページへ
製品パンフレット(PDF 937KB)

◆EDAツール開発、組込システム開発も得意としておりますので、お気軽にお声掛け下さい。

◆見どころ

2015年11月18日(水)   タイトル:EDA-LPBパビリオン オープニング   日 時 : 2015年11月18日(水) 10:20〜10:40   会 場 : EDA-LPBパビリオン内ステージ   内 容 : EDA-LPBパビリオンのオープニングとして、         パビリオンのご紹介、盛り沢山のイベントのご紹介をします。         案内のWebページへ   タイトル:ET/IoT Technology基調講演 K-1   日 時 : 2015年11月18日(水) 12:00〜13:00   会 場 : 会議センター5階[501]   内 容 : 自動運転を見据えた車載制御システムの安全基盤技術動向         ISO 26262のセカンドエディションとサイバーセキュリティ         講師:川名茂之 日本自動車工業会 電子安全性分科会会長(トヨタ自動車株式会社)         案内のWebページへ 2015年11月19日(木)   タイトル:ET/IoT Technology基調講演 K-2   日 時 : 2015年11月19日(木) 10:00〜11:00   会 場 : 会議センター5階[501+502]   内 容 : 交通事故死傷者ゼロに向けた自動運転・通信技術         講師:葛巻清吾 SIP自動走行システム トヨタ自動車株式会社 CSTO補佐         案内のWebページへ   タイトル:樽酒の夕べ   日 時 : 2015年11月19日(木) 17:00〜18:00   会 場 : EDA-LPBパビリオン内ステージ   内 容 : 帰ってきた鏡開き!EDAの華、「樽酒鏡開き」をEDA-LPBパビリオン出展企業の協力で復活!させます。         EDSFに出展していた企業もパビリオンに集結し、ETフェスタも盛り上げます。         案内のWebページへ 2015年11月20日(金)   タイトル:ハードウェアトラック HD-1   日 時 : 2015年11月20日(金) 10:00〜12:45   会 場 : アネックスホール2階[F201]   内 容 : 組込み機器のハードウェア開発の展望と課題          講師:根木勝彦 UCサロン コーディネータ         汎用インターフェースの紹介、USB, SDIO, I2C, その他          講師:樫平扶 フラットーク株式会社 代表取締役社長         IoT時代の使える省電力無線技術を総解説、用途に応じた無線規格選び          講師:実吉智裕 株式会社アットマークテクノ 代表取締役         つながらないUSB〜USBの落とし穴〜          講師:冨岡理 ユークエスト株式会社 営業企画部 部長         他         案内のWebページへ   タイトル:EDA-LPBトラック 基調講演・パネル討議 EDA-LPB-1   日 時 : 2015年11月20日(金) 13:00〜14:45   会 場 : アネックスホール2階[F201]   内 容 : 第1部 <基調講演> さらばSoC、されどSoC          トランジスタから回路、回路から機能ブロック、機能ブロックからシステム、システムから?          講師:脇本康裕 株式会社ソシオネクスト 事業部長         第2部 <パネル討議>IoT時代における半導体とEDAの進むべき道          爆発的なビジネス拡大に備えよ、その道で本当に大丈夫ですか!?          モデレーター:津田建二 株式会社セミコンダクタポータル 編集長         案内のWebページへ   タイトル:仮想検証環境の構築と課題   日 時 : 2015年11月20日(金) 15:30〜15:50   会 場 : EDA-LPBパビリオン内ステージ   内 容 : 仮想検証環境構築した経験から、構築の手順や要点についてご紹介し、         今後の課題、進むべき方向性についても言及します。         案内のWebページへ 毎日   タイトル:スタンプラリー 抽選会   日 時 : 毎日 16:30〜17:00頃   会 場 : EDA-LPBパビリオン内ステージ   内 容 : 会期中にパビリオン内ブース5か所を回って抽選箱に投函         抽選会場に集まって豪華景品をGETして下さい。         案内のWebページへ

◆皆様のご来場をお待ちしております。
   こちらより参加お申し込み下さい。


戻る

Copyright (C) InterBuddy Inc. All Rights Reserved.